生命保険加入

アーカイブ

カテゴリー

更新情報

2016-08-31
子供が自転車に乗れるようになったら保険の加入を考えようの情報を更新しました。
2015-10-05
貯蓄タイプと掛け捨てタイプ、どちらがお得?を新規投稿しました。
2015-10-04
生命保険ってどんなもの?を新規投稿しました。
2015-10-03
必用な生命保険の選び方を新規投稿しました。
2015-10-02
大切な解約返戻金を新規投稿しました。

子供が自転車に乗れるようになったら保険の加入を考えよう

yiyliyf
「かわいい子には旅をさせろ」と昔からいいますが、子供に関する事件が多くなっているので簡単には信用できないですよね。日々、成長しているものの注意できる角度はまだまだせまいです。しかし、「自分はできる」と思い始めたら行く場所も遠くなっていきます。自転車が乗れるようになればもっともっと遠くなってしまいます。
〈大人に近づくにつれて子供にも責任があることを教えよう〉
子供にも自転車の乗り方やマナーを教えることを忘れてはいませんか。私たち大人も車を運転しているときにひやりとするような乗り方をしている子を見かけたことがありますよね。小学生くらいの子であれば、「仕方がないか」「危ないな」くらいにしか思いませんが、それ以上となるとそうは思いません。家庭でも十分に注意するように子供と乗り方を話し合うようにしましょう。

〈車と同じくらい自転車も保険の加入が必要です〉

今では自動車と同じくらい移動できる乗りものとして自転車も注目されています。自転車事故が増えている中で、高校生以下の子供をターゲットにした詐欺も増えてきているくらいです。賠償額も交通ルールを守っていないことやケガの状態により、一生かけても払えないようなお金になってしまうことがあります。
今では車も乗る距離や頻度によって保険額も変わってきていますから、自転車も車と同じように加入するべきだと思われるようになりました。そして事故にあったときに自分のことを考えているでしょうか。自転車に乗るとき、いつ転んでもいいようにとヘルメットやパットを付けている人はいませんよね。
社会の意識が変わる中で、自転車保険もここ数年で種類が増えてきました。家族全員を保証してくれる自転車保険や、自分のケガを保証してくれる保険もあります。加入している生命保険にも特約としてつけることができるかもしれませんので、相談してみてはいかがでしょうか。
結婚したときに2人ではじめに考えるのは、子供のことだと思います。生命保険はステージごとに変える必要がありますから、子供が生まれたらかけることを考えておきましょう。

〈はじめは無理の金額からかけるようにしよう〉

2人で暮らし始めたときにお互いのことを考えて生命保険にはいる人が多いと思います。自分たちの収入と支出を考え、またこれから一戸建てを買うかどうかも頭において決めていきましょう。子供が生まれたときには子供にも保険をかけなければいけなくなります。初めは、保険料を払っても貯金ができるくらいの余裕があるといいでしょう。

〈知らないと損をしてしまう保険もあります〉

ukyuky
子供が生まれたら、病気にかかる前にはいる必要があります。誰でも熱をあげることはありますが、痙攣をおこしたりすると保険に入れなくなったりするからです。生まれたらすぐに入れるようにお腹にいるうちに決めてしまいましょう。一晩だけの入院だと保険をかけていても、保険会社に提出するために病院で書いてもらう診断書にお金がかかって手元に残らないことがあります。あまり安すぎてもいけないということです。

〈子供のための貯金は親も楽になります〉

学資保険を考えるときには、あくまでも貯蓄型になりますから月々の支払いは決して安くはありません。自分で貯蓄できそうにない人に、この保険は便利だといえるでしょう。かけている人が亡くなったときに満期で受け取ることができる育英年金型もありますので、自分の死亡保障が少し足りないと感じている場合はとてもうれしい特典です。いろいろな学資保険がありますので、カタログをもらって読んでみるといいでしょう。
子供が歩き始めて、行動が広くなるとケガの心配もでてきます。それにくわえていたずらもし始めますから、壊してしまったものを弁償できるような特約のついた保険があることも知っておきたいところです。便利な保険が沢山ありますから、赤ちゃんを待ちながら2人で探してみるのも楽しいですよね。
■一番選ばれている生命保険の入り方!人気ランキング|保険タウン【http://hoken-town.jp/】
■生命保険のランキングの活用法

ページ上に戻る